1. TOP
  2. 血中の尿酸値を抑制するユーグレナとは

血中の尿酸値を抑制するユーグレナとは

尿酸値

ユーグレナ

【ミドリムシが地球を救う】でもおなじみの
ミドリムシ(ユーグレナ)の特徴・効果、
人気のサプリメントを紹介します。

ユーグレナと尿酸値の関係

ユーグレナとは藻の種類のひとつで、単細胞生物で光合成をする植物でありながら自分で動くこともできる生物でもある植物と動物の特徴を併せ持っているものです。

ユーグレナにはβグルカンの種類のひとつであるパラミロンと言う成分が含まれています。

βグルカンは食物繊維の一種で健康維持のために大切な成分のひとつなのですが、その種類のひとつであるパラミロンはユーグレナだけが持っているとされる成分です。このパラミロンには油分やコレステロールと言った不必要な物質を体外に排出する働きや、プリン体の吸収、血中尿酸値の抑制効果があるとされています。

血中の尿酸値が高いと痛風の原因となることがあります。痛風にかかってしまうと風が吹くだけでも痛いと言うその名の通り、激痛が起こることがあります。

一度発症すると完治するのは難しいとも言われているものであるため、発症する前に予防することが大切です。

痛風は尿酸が体内に蓄積してある一定の量を超えてしまうことで発症しますが、プリン体が分解されるときに尿酸が生成されます。

そのためプリン体を体内に増やさないことが大切です。そこで対策としておすすめなのがユーグレナの摂取です。

プリン体を吸収してくれることによって尿酸値が高くなるのを抑えることができます。

石垣産ユーグレナが入った【ユーグレナ・ファームの緑汁】でからだのバランスを整えてください。

ユーグレナランキング